美容編

気持ち悪い顔汗を改善したい?暑い季節でもクール肌はモテ女子の条件♡

投稿日:

こんにちは~(・∀・)
だいぶ気温が暖かくなってきましたね~♪

それに伴って、なんだか心もほぐれてきます!

一方、汗かきさんには悩みが多い時期の到来でもありますよね~。

湿度の高い6月の梅雨のシーズンは、ふいてもふいてもジワーって嫌な汗が出てきますし、

近年の真夏の暑さったら、日本どうしちゃったの?って感じですよね・・・ (*σ´Д`*)アツスギ~

 

都会の外気や満員電車の不快指数たるや、目盛りふりきっちゃいます★

でも実は、私、顔は汗全くかきません。

10年以上スポーツクラブに通っているんですけど、
ハードなワークアウトをしても、メイクが全く崩れないもので、

 

会員さんの間でついたあだ名が、

 

 

女優(・∀・)wwwww

 

なんともありがたい呼び名ですよ・・・!!!

 

体はびっしょびしょに汗だくなんですけどね~。

 

そして、男友達によく言われることが、

「顔に汗をかかない & 手が冷たい女の子はセクシー」

なんだそうです(・∀・)ほんとかいな

 

まぁでも、女子目線でも、真夏なのにサラっと涼しげな透明感のある女性は憧れますよね♪
メイクがとけてドロドロになってるのも美しくはないですし!

ってことで、今日は久しぶりに「国際恋愛・美容編シリーズ」

元エステティシャン(←私)がオススメする、顔汗回避のコツでいってみまーす!!!

 

 

 

顔汗ダラダラには、【プレミアムデオヴィサージュ】

 

 

顔汗対策でモテ女子の印象をキープ

どうしても、顔から汗ダラダラだと、

あまり美人の印象を保てないんですよねヾ(´ω`)ノ

 

でも、もちろん発汗作用は人間にとって大事な機能。

 

毒素をデトックスしてくれたり、
上がりすぎちゃった体温を調節してくれたり、

一生懸命働いてくれています。

なので、暑いからと言って、汗を完全にかけない状態にしてしまうと健康を害してしまいますよね。

 

ということで、

 

自然で健康的な方法で、真夏を迎える前に体質改善をするのも手ですよヽ(o´∀`o)ノ

 

ヘルシーな生活で多汗を改善

実は、エステティシャン仲間に

「顔汗でメイクが溶けちゃってどうしようもない」

って子はいないんです。

その理由はコチラ↓

①野菜やフルーツなどをたくさん摂る
(毒素が体に溜めこまれず、汗の質がサラっとした良いものに♪)

②適度に汗をかく運動、長めの入浴タイムを生活に取り入れる
(汗腺が鍛えられて、こちらも汗の質が良くなります)

③お水や白湯を大量に飲む
(これもデトックス効果ですね)

④汗を抑えるスキンケア・メイクをする
(化粧品の性能を熟知して使用することにより顔汗を抑える)

職業柄、こんな感じのことを気をつけている女性が多いのです。

これらを実行するだけでも、ずい分お顔の不快な汗の症状は軽減するはず★

②の運動は、キツイ筋トレやマラソンなどを選ばなくても、
ホットヨガなど女性でも気持ちよくゆるやかにできるエクササイズで十分効果的♪

 

③のごとく、水分をとりながら行いましょうね!

「ノドが乾いたと感じる前に水分補給」が基本です(∩´∀`)∩

これらの体質改善は、気長に行うのが大切です。
体のデトックスは、3か月毎に新しい効果が発見できるとの説があります。

続けていくと、多汗改善だけでなく、

いつのまにかお肌もツルツルになっていたり、
お腹がペッタンコになっていたり。

どんどん嬉しいことが増えていくはず♪

 

顔汗ダラダラに効果的な方法NO.1

 

 

汗かき対策に即効性がある方法も知りたい!

差し迫った夏にむけて、

 

とりあえず早くなんとかしたい!!щ(`ω´щ)!!!

 

って方も多いと思います。

公共の交通機関や職場など、大勢の前で汗がダラダラ流れ落ちるのは結構恥ずかしいものです。

私も実は、湿度の高い場所でのワキからの汗がスゴイです・・・ヾ(´ω`)ノ
着る服によっては、汗ジミがものっすごい目立つんですよね★

恥をかかない為に、今すぐできる方法を・・・!!

ってことで、上に挙げた項目の中の、

④の使用する化粧品を上手に使ってのケア

に注目していきましょうか!

 

スキンケア時に汗を抑える3つの対策

①洗顔後に、氷でマッサージ

睡眠時の皮脂や汗を優しい成分の洗顔料で洗った後は、
氷でお顔をマッサージしましょう。

リフレッシュしますし、朝に入浴タイムをとる方は尚更、代謝や血行もよくなります。

 

②夏の暑い間は、化粧水を冷蔵庫で冷やしておこう!

冷たくしておくことにより、毛穴を引き締めて、
その後にお顔にのせていく、メイクの崩れを防げます。

理想のケアは、冷やした化粧水と氷水に浸したコットンパックで、
3分~5分ほどラップを上からかけ、パックしてあげることです。

このひと手間を入れることにより、

水分がたっぷり入ったふっくらした肌になって、
水分と皮脂のバランスが整うんです★

このケアをすると肌の油分だけが浮かず、

朝の満員電車ですでにメイクがドロドロ壊滅状態・・・ (*σ´Д`*)

な~んて自体は避けられますよ!!

まずは素肌のベースを整えることが重要!

 

 

こういったスキンケアをめんどくさがる方がいますが、

同時に朝食や他の準備をするなど、

ながら美容で結構ですので日々のルーティンに組みこみましょっヽ(o´∀`o)ノ

日に何度もメイク直しする方が面倒じゃないです?
ここしっかりやっておくと、後が楽なのです♪

 

③メイクの時に汗を抑える化粧品を使おう

余分な汗を抑えて、毛穴をひきしめる化粧品で、
尚且つ成分が優しいもの。

この条件をクリアしている化粧品がコレです↓

【プレミアムデオヴィサージュ】

最初に書かれている成分・フェノールスルホン酸亜鉛には、

汗に含まれるたんぱく質と結合して、汗腺からの汗をシャットアウトする特性があります★

5日間続けると、汗が40%減というデータもあり、
毛穴の引き締めを目的とした収れん化粧水などによく使われる成分です。

また、2番目に多く含まれる成分・シメンー5-オールですが、
殺菌効果が高くて、傷用の軟膏などにも使われる成分です。

デオドラント効果が高くて、肌を清潔に保ってくれます♪

同時に、歯磨きに使われるほど、安全性も高いんですよ。

敏感肌の方でも安心して使えます。
やはりエステティシャンとしては、そこに気をつけて化粧品を選んでいます!

写真からわかるとおり、

肌に負担があるとされる成分6つが無添加なのは嬉しい限りです。

使用方法

メイクの後にパール大くらい出して、お顔に塗ります★

テクスチャー的に少し固めなので、ファンデの前に塗っちゃうとメイクしづらくなるので注意(・∀・)
メイク全体を、この【プレミアムデオヴィサージュ】でガードするような感じで覆いましょう。

もちろんワキなど汗が気になるパーツにはどこでも使ってOKですよ♪

外出先で気になった時には重ね塗りも可能です。

 

メイク直しの注意点としては、殺菌効果が高いのでそのまま塗ってもいいんですけど、

化粧水をしみこませたコットンなどを持ち歩いて、
一度汗を軽く押さえてから上から塗ってあげた方が、

暑い日でも1度のメイク直しで夜まで持ちました!

 

価格・購入方法

初回購入だけ、4.000円オフで¥3.980円(30g/1か月分/送料無料)です★
※これは平成29年4月末現在です。バカ売れ中につき、在庫が無くなり次第キャンペーン終了

めっちゃ安くなってるのですが、3か月連続で買うことが条件です。

1か月だけの購入だと、¥7.980で送料も免除してくれません笑 
650円別にかかります。

 

でも、3か月で効果に満足する人が多いというデータがあるそうなので、
夏いっぱい化粧崩れを防ごうと思ったら3か月はちょうど良いかも。

 

天然成分にこだわった処方につき、子供でも使用して問題ないので、
お肌が荒れることはないと思います。

 

が、お肌のバリア機能が壊れている方も中にはいます。
そういう人は何やっても荒れちゃうんですけど。

 

いきなり3か月連続購入が心配な方は、自分のお肌の症状などを相談してから決めてもいいかも▼

問い合わせ番号:0276-66-5517(平日10:00~17:00)

※ちなみにこの電話番号から、解約もできます。その際には10日前には発送を止める電話を入れましょう!

 

ちなみにうちのエステに併設されていた美容クリニックには、
多汗治療の機械・ミラドライってのが導入されてました。

入ってから何年も経つので、10万円くらいは初期より安くなったものの、
現在でも1回の治療につき、40万円弱です (*σ´Д`*)

それに比べて、

 

3.980円×3か月+消費税=12.895円

 

で、悩みが解決するのなら、かわいいものです♡

もし、真剣に顔や体の汗に困っていたら、試してみてくださいね~!

こちらのページの下の部分から申し込みが可能ですよ↓
顔汗ダラダラには、【プレミアムデオヴィサージュ】

 

コンプレックスがあると、なかなかタイプの男性の前でも自信を持ってふるまえません。
少しでもアナタのお悩み解決になっていたら幸いです。

 

それではまた~(∩´∀`)∩

サイトの更新情報が欲しいときは
いいね ! しちゃおう

Twitter で

-美容編
-, , , ,

Copyright© 外国人との出会い&おつきあい【国際恋愛のススメ】 , 2018 AllRights Reserved.