海外クルーズ

MSCプレチオーサで夢の船旅・地中海へ♡海外クルーズにでかけよう①

投稿日:

今日は、私のお気に入りの旅スタイルでもある、海外クルーズシリーズです♪

今まで、

イケメン外国人と出会いがある女子ひとり旅に最適な海外クルーズ

外国人彼氏ができた後に乗ったら楽しい船

それぞれの船の特徴

などを紹介してきたので、上のリンクから、是非合わせてご覧くださいね~!

 

 

海外通貨両替の手間、省けます!

 

MSCプレチオーサでの地中海旅行の魅力

プレチオーサは、MSCクルーズというヨーロッパに拠点が置かれる船会社の船の一つです(・∀・)

2018年5月前半には、横浜港から発着する船の運航も予定されているそうなので、
MSCは、日本人にも馴染みが深い船会社になりそうですね。

私は海外クルーズが好きなので、
BS朝日の「世界の船旅」という番組を結構チェックしてます★

中村メイコさんがナレーターをしていらっしゃるちょっと渋い番組なんですけど(・∀・)

それに先週とりあげられていたのが、MSCプレチオーサで巡る地中海でした。

私は地中海は、NCLの船・ノルウェージャンエピックで巡ったのですが、

MSCプレチオーサと少し寄港地が違っていたので、
この船でもう一度行くのも良さそう♪と思い、ここにまとめておくことにしました!

NCLの紹介記事はコチラ(ひとり旅に適した船でもあります)▼

海外旅行ではホテルに泊まらず船旅がお得?NCLで贅沢なクルーズ体験を

前回書かせていただいた、私の大好きなクルーズ旅行についての紹介記事は読んでいただけましたか?((´∀`)) ちょっとでも興味を持っていただいていたら幸いです♪ 今日は更に、実際の体験記を交えて、もっと ...

続きを見る

 

 

MSCプレチオーサの地中海航路・寄港地

その船旅番組で紹介されていたプレチオーサの寄港地はこんな感じでした↓

イタリアのジェノバから出港し、ナポリ、シチリア島のメッシーナやスペインのバルセロナ、フランスのマルセイユなどを周るルートです。

私は典型的な港町であるイタリアのチビタベッキアから出港したので、
世界遺産もあるジェノバ出発はちょっと憧れます(∩´∀`)∩

シチリア島にも前回は寄らなかったので、
次回この船で寄港できたらいいな~♪

 

ジェノバ発着でゆったり歴史ある街を観光できるのが魅力


世界遺産になっているガリバルディ通り▼

 

16~17世紀にジェノバ共和国が地中海貿易で繁栄した影響で、富裕層メインの邸宅が多く、
国家の来賓の宿泊先に法で指定されていたんですってヽ(o´∀`o)ノ

今でもその気品あるたたずまいを保っているエリアなんだそうです。

このガリバルディ通りは「王たちの道」とも言われたそう。
歩いてみたいですね~!

船旅に出る前には、だいたい出港する街に前泊するのが常なので、
ジェノバに前のりして、2、3泊するなど、ゆっくり観光するのもステキですよね♡

 

ナポリも是非一度は訪れたい街

「ナポリを見て死ね(=ナポリを見るまでは死んではならない)」なんてことわざがあるくらい、
ナポリは素晴らしいところと言われています。

 

港に到着したばかりの船から見えたナポリの街▼

通常の港だと、ちょっと工業地帯感が出てるところが多いんですけど、
ナポリは赤レンガの建物がかわいくお出迎えしてくれるステキな眺めでした。

ピザだけじゃなくて、出されるお食事はなんでも美味しかったですね♪

ナポリに限ったことではなく、
イタリア各地でいただく全てが美味しかったんですけど(∩´∀`)∩

 

ローマ、ミラノに次ぐ第三の都市。とても大きい街でした▼

港もとても大きくて、すごく混雑していました。
南イタリアでは最大の都市ですもんね。

色々な豪華客船が停泊していて、それはそれは圧巻でした♪

ナポリ自体を見てまわっても面白いと思いますが、カプリ島まで高速船で40分なので、
足を伸ばしてもステキな景色が見れますよ♪

世界のセレブたちがここカプリで、船にのってバケーションを楽しむのだそうです▼

海の色が 青すぎるくらい青い って印象です。
一瞬で南イタリアの虜になりましたよ~♡

ケーブルカーで上まで上がって見た街並みはこんな感じ▼

かの有名な青の洞窟を見に行ったのですが、天気はすこぶる良いというのに、
波が高くて、この日は洞窟観光は中止に・・・(・ω・`)

洞窟の天井が低いので、少しの波でも危険なんだそうです。

その代り、カプリ島の街並みを堪能しました。

 

大好きな彼と一緒だといつまでも景色を眺めていられます♡▼

島内にホテルもあります▼

次回イタリアを訪れる時には、絶っ対にカプリ島に1週間くらい滞在したい!!

帰りたくない!!!と駄々をこねるくらい美しい島でしたヽ(o´∀`o)ノ

照りつける日差しに疲れたら、木々で少しだけ涼しい庭園をお散歩するのもオススメ▼

レモンが特産品なので、レモンのアイスやジュースを売るお店が並んでいます▼

 大きい広場にはブランドショップなども立ち並んでいますが、
こういうこじんまりした小道には立って食べれるスイーツなどのお店が。

フレッシュレモンジュースは、お砂糖なしで甘いことにビックリでしたヽ(o´∀`o)ノ

レストランではおいしいイタリアンを食べて、
昼からビールを飲んで、

旅の醍醐味をこれでもかと味あわせてくれる場所でしたね♪

  

お財布のような海外プリペイドカード

 

その後MSCはシチリア島のメッシーナへ南下

メッシーナ海峡は地形が狭いところだと、幅が3kmくらいしかないんだそうです。

メッシーナは昔から商業の街として栄えているので、
そんな狭いスペースをたくさんの船が行き来しているそう。

船からの眺めも興味深いものが見れそうですよね。

 

シチリア島北西部・メッシーナ▼

メッシーナ自体にすごく見どころが多いらしいので、とても観光しやすい気がします。

船旅は、必ず港町に着くので、そこから見どころが多い街に移動するのに時間がかかってしまうと、
寄港地観光が大変だからです(・д・*)

例えば、他のイタリアの寄港地で言うと、

フィレンツィエを見たくても、大体の船がリボルノという港町に着くので、

そこから車で1時間半かけて(往復3時間)観光地フィレンツィエまで出向くのがちょっと億劫という人もいるからです(・∀・)それはワタシ

 

ということで、降り立った街がそのまま観光地・・・というのは理想ですね♪

メッシーナの街並み▼

地中海貿易の要になった街のため、様々な文化が入り混じった建物が集まっているようです。

また、この街は1908年に起こった大震災による津波で、ほぼ壊滅状態になった悲しい過去があります。

そこから苦難を乗り越え、復興を果たした歴史がある為、
街全体が観光客や困っている人にとても優しいという特色があるそうです。

日本も震災の痛手を受けてきた国。
共感できるところがありそうですよね。

メッシーナで愛されているスイーツ・カンノーリ▼

大震災後の謝肉祭でふるまわれたと言われるお菓子・カンノーリがとても美味しそうです。

リコッタチーズのクリームをパリパリの皮でくるんでいて、現地の人にも大人気だそう。
これは、見るからに絶対オイシイやつですよね・・・(°▽°)

 

ガウディでお馴染みのバルセロナ

スペイン・バルセロナも、港から車で20分くらいであの有名な観光地サグラダファミリアに着いちゃうので、
便利な寄港地の一つです。

大聖堂・サグラダファミリア▼

昔に作られたこちらの部分は、荘厳です。
たたずまいに迫力があって息を飲みました。

 

新しく建設されている部分はコチラ▼

私はバルセロナ観光が二回目というボーイフレンドと歩きまわっていたのですが、
結構スペイン語onlyしか話しません・・・って現地の方が多くて苦労しました(・д・*)

迷って買った地図もスペイン語だったりして、メトロで右往左往する珍道中になりました。
彼と二人で楽しかったのでいいんですけど、ひとり旅だとちょっとキツイかな~って感じです。

 

ということで、安全なのは船の寄港地オプショナルツアーに参加することですね♪
時間どおりに船に戻れますし。

 

グエル公園のとなりの修道院▼

さんざん迷った挙句に、グエル公園(ガウディ作)に着いたら、チケットの受付締切されていました笑
本当に無計画でどうしようもないですね(°▽°)

サグラダファミリアもグエル公園も入場制限があるので、

「絶対に入りたい!!」

って方は、事前の船のオプショナルツアーか、ネットで自分で予約するかしておきましょうヽ(o´∀`o)ノ
時間を無駄にせずにサクサクまわれます。

ってことで入れなかった私たちは、塀からグエル公園を覗き見たり笑、
近くの修道院見学をしたり、代案で自分たちなりに楽しみました~♪

 

グエル公園エリアから眺めたサグラダファミリア▼


スペインバルにて。サングリアとお料理で一息▼

バルセロナのメトロには駅員さんがいないんですよね汗
それが迷った一番の原因でした。

全部スペイン語対応の機械なんです。

切符を買う自動販売機には、怪しい女性がいて、買うのを手伝ってくれる代わりにチップを要求してきました。

結構、助かったからいいんですけど(°▽°)

MSCプレチオーサでもう一度行ったら、
冒険せずに、是非今度は寄港地ツアーを利用します★

 

格安の海外クルーズツアーはこちらから色々見れます→ベストワンクルーズ

 

南仏・マルセイユ

 マルセイユも一度違うクルーズで寄りました。

パリに次ぐ人口第二位の大きな都市です。

私とボーイフレンドはビーチでのんびり派なので、下船したところの入口に立っていたお土産物屋さんのおじさんに、

「一番近いビーチはどこ?」

と聞いたら、

「プラドビーチ」

と教えてくれたので、タクシーで向かいました。
港から40分くらいかかったと思います。

ビーチに行く・・・という寄港地観光ツアーは用意されていなかったので、
こちらも個人行動です。

 

プラドビーチ▼

割とトップレスの女性も多かったです(・∀・)

港からこのビーチまでの間に違うビーチも通過しましたが、
人は泳いでいるものの、少し岩場が多い感じでした。

 

こう見えて波が結構高いプラドビーチです▼

私もボーイフレンドも一緒に海でキャッキャしたかったので、
砂浜にクレジットカードや乗船キー、キャッシュなど満載のお財布とか置いたままで遊びました。

ちょっとタオルとかかけておきましたけど。

 

ボーイフレンドいわく、

 

二人で泳ぎたいんだから仕方ない♡(・∀・)

だそうで、そんなもんなんでしょうかね?
おかげ様で今まで一度も砂浜で盗難にあったことありませんが。

波に飲まれてワカメとかはりついた後の私とボーイフレンド▼

ちなみにこの日はサッカーの試合をマルセイユでやっていて、
渋滞がすごく、帰りのタクシーをつかまえるのが一苦労でした(・ω・`)

出航時間がせまっているのにタクシーがいなくて、
結局、警備にあたっていたフランスの警察官の方に呼んでもらいましたよ・・・。

「船に戻れないかも?!」

なんてハラハラしたくない方は、万全の準備をしてから個人行動をしましょうね!!
クルーズ旅行は、船の乗り遅れが一番コワイです。

 

プロヴァンスに行くという選択肢も❍

「世界の船旅」では、プロヴァンスへ足を伸ばして楽しむのをオススメしていました。

港から車でこちらも40分ほどだそう。
オリーブ・ラベンダーなどが特産品で、それらを楽しむのもステキですね~♪

カリソンというプロヴァンスで人気のお菓子▼

出典kira7a3ik0.wordpress.com

アーモンドと砂糖をペーストしたこんな繊細なお菓子も人気だそうですよ★

オレンジの花の香りとフルーツの砂糖漬けが入っているんですって。
かわいらしいですね~ヽ(o´∀`o)ノ

一度行っただけじゃ見たりないステキなものがたくさんあるヨーロッパ。
是非、今度はMSCで行ったことのない場所も攻めていきたいと決意を新たにしました!!

 

寄港地紹介だけでこんなに盛りだくさんになってしまいましたね!

次回はMSCプレチオーサという船自体の魅力について掘り下げていく回にしようと思うので、
お楽しみに~(∩´∀`)∩

 

 クルーズ旅行にはお得に外貨をGETできるコチラがオススメ▼
現金両替よりお得♪

カンタンな外貨両替についての詳しい記事はコチラ▼

遠距離恋愛での海外長期滞在に「キャッシュパスポート」が便利すぎる

目次 外貨両替をお得&便利にしたい!どんな方法で海外へお金を持っていきますか?銀行や両替所などは割高クレジットカードのキャッシングも気がのらない・・・新しく試してみた方法・キャッシュパスポート 実際に ...

続きを見る

サイトの更新情報が欲しいときは
いいね ! しちゃおう

Twitter で

-海外クルーズ
-, , , ,

Copyright© 外国人との出会い&おつきあい【国際恋愛のススメ】 , 2018 AllRights Reserved.