外国人彼氏のつくり方

外国人の彼氏がほしいアナタへ【アメリカvs.英国】を比較

更新日:

同じ英語圏だけど、アメリカと英国だと全然違う

 

以前も、国ごとによってステレオタイプがあり、気質が全然違うってお話をしました。

この記事の中では、アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いについても、
動画でご紹介しました~(・∀・)▼

海外ひとり旅は出会いの宝庫★素敵な彼を見つけるヒントvol.1

目次 欧米男性と出会うのにイチバンの方法って?どの国に行こう・・・?アナタの理想の男性像をイメージしてみましょう英語も違う気質もちがう好きなタイプの欧米男性がわかってきたらそのタイプの男性がいそうな地 ...

続きを見る

 

「欧米人男性と出会いたい・・・♡」

 

って一緒くたにして言っても、どこの国の人かで相性も違ってきますね~!

今日はキャラの違いでよく比較されやすいアメリカ人と英国人について、考えていきまーすd(゚ε゚*)

 

1500万が利用するマッチングサイトで恋人候補をみつけよう!

 

アメリカ人

私は、年単位でおつきあいをしたのがアメリカ人だったことが多いので、
どうしても「欧米男性」と聞いた時にイメージしやすいのがアメリカ人になります(・∀・)

まぁ、陽気でフレンドリーですよねー。

他人同士でも、目があったら気軽に会話がスタートしますし、人見しりをする人が少ない気がします。

一人旅をすることが多い私にとっては、旅先でも、とっつきやすくて楽しく感じます。

反面、うるさすぎる・・・、プライバシーに入ってきすぎる・・・なんて批判もありますが、

「他人には基本話しかけない。会釈もスマイルもなし。」

って空気が強い日本で育った私にとっては、

「明るくて楽しくてイイネ★」

 

って単純に思います。

 

同じアメリカ人でもルーツによって様々

アメリカは移民の国なので、「アメリカ人」と言っても様々な国から移住した人であふれています。

または、ご両親などの国のルーツが色濃く出ています。

 

例えば、

 

イタリア系アメリカ人

アフリカ系アメリカ人

 

だったら、それぞれ好みのスタイルも、食事も、考え方もかなり異なるでしょうね!(・∀・)

上の例は、どちらも私がつきあったことがあるアメリカ人のルーツなんですけど。

 

 

 

イタリア系の彼は、ご両親がイタリア人だったので、お料理がとっても上手でした!

正直に言って、アメリカ行くと痩せて帰ってきちゃうくらい、
お食事がオイシイって思えることが少ないんですけど∑(*゚ω゚*)味がナイとか固いとか焦げてるとか甘すぎるとか

 

このイタリア系の彼は、イタリア料理以外でも全ておいしく作ってくれて、
味覚がイタリア人なのかなぁって感じてました~♡

「お母さんが料理上手で!」って自慢してたので、
典型的なイタリアのファミリーみたいにすごく仲が良かったのもうかがえました。

 

そして自分が「イタリア系」であることに誇りをもっていましたね。

何かをほめてあげるにつけて、

イタリア系アメリカン彼

Remember? I'm Italian!
分かってる?俺イタリアンだからさ!

なんて言ってきました★

女性の扱いもスマートで優しくて、チャーミングでした!

 

 

また、アフリカ系のボーイフレンドも特徴的でしたね。
いわゆる黒人さんですけど、やはり自分の肌の色に誇りを持っていました。

服装も音楽もやはり白人男性とは違うかっこよさがありますよね。

オシャレだし、こだわりが強い(・∀・)

特に若い頃は、筋肉質で美しい黒い肌が果てしなくステキに感じて、
アフリカ系のアメリカ人男性とよく付き合ってました。

 

深く付き合ってみると・・・、

感情的になりやすくて話し合いができないタイプが多かった気がします。
これは、私のご縁が良くなかったのかもしれませんけどね d(゚ε゚*)

 

お付き合いが進むにつれて、国際恋愛カップルって話し合いが大切になってくると思うんですけど、
そういった真剣な会話がなかなかスムーズにいかない・・・。

というよりも、その前になくてよいはずのどうでもイイようなトラブルが多かった思い出なんです。

 

 

これは個人的な体験談ですけど、

 

「今日は女友達とクラブに行って遊んできていいよ!(・∀・)」

 

って送ってきてくれたはずなのに、ずっと家の外で待っていて、

「帰ってくるのが遅い!!!!」

 

ってキレられたり∑(´゚д゚`;)エ・・・WHY??

 

イミフな嫉妬がひどかったり。

白人男性の店員さんに肌の色のことでいきなりキレたり。

キレポイントがよくわからないんで別れることが多かったですね。
私もなんか悪かったのかな笑

若いころはdrama(英語では劇的な事件って意味ですね)ばっかりの日常でも、
恋愛が盛り上がっているかのように感じる時期もあるのでしょうが、
正直、私はアップダウンの激しい恋愛が苦手なのでむいていなかったかもしれません。

 

それでも特有の魅力が備わっているのはわかります。

 

とにかく、

それぞれのルーツの特色が興味深くて、お名前聞いた時に苗字が珍しかったら、
「ご家族はどちらの国からなの?」
ってつい質問してしまう私です。

皆さんルーツを大切にしていて、とても誇らしげに教えてくれます(∩´∀`)∩
結構これでお話盛り上がりますよ~♪

 

主張が強い

アメリカ人に共通する点が、「主張をしっかりしてくる」ってことですかねー。

 

物静かに見える人でも、深くつきあうと、

「割と強い口調でハッキリ言うんだなぁ(´゚ω゚`)」

って感じることが多いです。

 

外国人彼氏と喧嘩しない英語力♡メイクラブに関する意見の相違も解決! という記事の中でも、
【口論に発展しない為の英語での言い回し】に触れたのですが、

もしボーイフレンドが感情的になった時に、自分も同じくらい激昂しちゃうと、ドラマドラマしちゃいますよね∑(´゚д゚`;)

 

よく海外ドラマの中とか、そこらへんのクラブやバーとかでも、
怒鳴りあうアメリカ人カップル見かけません?(゚ε゚*)アメリカ人の女の子は強いなぁ…

 

それが頻繁になってくると、お別れに限りなく近づいていくので、

悔しいことや、「言い過ぎだろ!!」ってことをもし言われたとしても、
いったん一呼吸おいて、冷静に伝えたいことを整理して話すのが大事です!!

 

日本人にとっては、

「こんなこと言ったらくどいかな・・・。」

ってことでも、きちんと、必要あれば長い文章を書いてでもつたえましょう。

 

ポイントを押さえて主張することが大切です。

 

私は❍❍と感じるので、▲▲をやめてほしい。それができないのなら、■■をしてもらえたら嬉しい。」

など、自分がしてほしいことを言って、相手の意見を聞いて、お互いの納得する地点に着地しましょう♪

 

人間関係を良くするコツとしてよく言われることですけど、

あなたは❍❍だからダメなんだよ。」

と決めつけずに、

私はこう受け取ってしまうので・・・って言い方をしましょうね~(∩´∀`)∩

喧嘩はイヤですけど、仕方によってはお互いをより理解できるようになるためのハードルみたいなもの。

二人の関係を深めてくれる喧嘩ができるといいですねっ(・∀・)

 

英国人

ジェントルマンなイメージが根強い英国。
実際付き合った場合は、どうなんでしょう?

子供の頃は、映画などの影響からか、

誇り高い・品格があるイメージを描いていました。

 

英国といっても様々

英国は連合国家で、

 

ウェールズ・スコットランド・イングランド・北アイルランド

 

から成りますね。

 

私は、ウェールズ出身のボーイフレンドとスコットランド出身のボーイフレンドがいました。

英国、と言ってもこれまた様々・・・d(゚ε゚*)

 

ウェールズの彼は、

 

「僕はイギリス人ではない。ウェールズから来たんだ」

 

って言っていました。

当時ちょっと仕組みがよくわかってなくて、

(´゚ω゚`)ハァ くらいで流して聞いてましたが。

 

スコットランド人の彼も、自国をすごく誇りに思っていて、
「スコットランドはスコットランド」ってスタンスを感じました。

「スコットランドではこうする」
「スコットランドではこれを使う」

など、嬉しそうに色々教えてくれるんですよね∑(*゚ω゚*)

 

自分の国にプライドを持つって、あまり日本人にはない傾向のような気がして、
なんだかいいなぁ♪

 

控えめで配慮が上手

アメリカ人のようにノリで話しかける、って感じがなくて、

 

「この女の子は今話しかけて差し支えないだろうか。。。?」

 

なんてきちんと考えてから、初めて話しかけてくる印象です。
これはこれですごく好感がもてますよね~♡

話しかけ方も、アメリカ人男性のように、

「Hey, you so beautiful!! よっ 君ビジンだねっ!」

的なお気楽な感じじゃなく笑、

 

しばらく遠くで様子を見てたんだけど、

意を決して、少し言葉を選びながら話しかけてくるみたいな(∩´∀`)∩キュン

 

一度、デーティング段階でビーチに行ったとき、

スコットランド人の男性に、

 

「背中に日焼け止めを塗って」

 

とお願いしたことがあったんですけど。

 

 

これをアメリカ人男性に頼んだら、

「wow, you so sexyyyyyy!!!(・∀・)ヒャッホーイ♪」

くらいのもんですよ。

ノリノリで塗ってくれるだろうし、っていうか頼む前にもう塗り始めてるかもしれません。

 

でもそのスコットランドの彼は、恥ずかしそうに、

手も私の背中に触れてるんだか触れてないんだか、
日焼け止め伸ばしてくれてるんだか置いてるだけなんだか?みたいな手つきで、

しかも全然私のほうを見てもくれずに塗るんですよねー(∩´∀`)∩キュンキュン

 

後ほど訊いたら、照れちゃったそうです。

結構オトナな彼だったんですけど、ギャップで逆にドキドキしちゃいました♡

その時、

「私、なんてアメリカ男性に慣れ過ぎていただんだろう・・・!!」

って新鮮な驚きがありました★
陽気なフレンドリーさもいいんですけど、こんな初々しさにもときめきます♪

アナタはどっちのタイプが好きですか??(・∀・)

 

 

偶然じゃないきっかけ☆match.com

 

 

 

仲良くなっても謙虚♡

少し謙虚な日本人的要素があるので、おつきあいするのはアメリカ人より楽だと感じる女性が多いかもしれません!

なんだか穏やかで、いきなりキツイ言葉で強い主張を繰り広げられたことが経験上ありません(・∀・)

伝えたいことがあると、冷静になってから口論にならないように気をつけながらお話してくれます。
もちろん人によるとは思いますけどね★

 

デートの提案も、リードはしてくれますが、コチラの意向を優しく取り入れてくれます。

過去、王子様タイプが多かったせいか、私の英国人の印象は超絶イイです♪

デートも、なんか上品なんですよね。

ワインに詳しかったり、

絵を探しにギャラリーに連れて行ってくれたり、

オペラに誘ってくれたり・・・(∩´∀`)∩♡

 

アメリカンのビールにピザ!みたいなカジュアルデートも好きですけど、
歳を重ねてくると、英国人の上品さに心が癒される自分もいます♡

 

 

メイクラブのお誘いまで紳士的

何度かデートを重ねると、

いえ、

重ねないうちからでも、

 

アメリカ人の男性って、「僕んち来ない?(・∀・)」「メイクラブしない?」ってあっけらかんと誘ってくる人多いんですけど。

なんかとりあえず言ってみよう♪みたいなノリがあるのかな?
悪びれなくてそれはそれでいいんですけどね!

 

英国人男性は、すごーく空気を読んで、雰囲気を作って、こちらの気持ちを確かめながらことを進めてくれます♡

あんまり自分の欲望を見せずに、女性の気持ち優先っていうのが癒されます~!

ここらへんも、

「ハッ∑(´゚д゚`;) 英国の男性はこんなにジェントルマンなの?! 私アメリカンに毒されすぎてたわ!!!」

って思ったポイントでした笑

こちらの気持ちを急かさずにいてくれる思いやり、純粋に英国人男性の好きなところです。

 

軍配はどっちに?

それぞれの特徴を比べてきたんですけど、

私個人の見解だと、

今回は 英国人推し の記事になっちゃったような気がしています(*゚ω゚*)

若いころは、アメリカ人男性のノリのよさと、ポンポン会話が流れ良く進むところに惹かれていましたが、
自分が大人になるにつれて、英国人の品の良さが心地よく感じるようになったのかな。。。?

 

これ以外の国で、「❍❍出身の男性がイチバン!」なんて感想があったら是非聞かせてほしいです~♡

 

↓世界にはどんな男性がいるのか探してみたくなったらコチラがオススメ
世界最大級の恋愛・結婚マッチングサイト(無料登録&検索ができますよ!)

 

無料登録後の流れはコチラの記事から▼

【マッチドットコム】無料会員で上手に外国人彼と出会うコツって?!

目次 マッチドットコムについて徹底解剖まずはマッチドットコムにログインしてみようとりあえず簡易検索で様子見検索内容は簡単に変えられるマッチドットコムで外国人男性と出会いやすくする為のコツ有料登録に勝手 ...

続きを見る

 

サイトの更新情報が欲しいときは
いいね ! しちゃおう

Twitter で

-外国人彼氏のつくり方
-, , , ,

Copyright© 外国人との出会い&おつきあい【国際恋愛のススメ】 , 2017 AllRights Reserved.